2018年12月31日

自分的ゲーム1年(2018)

 年に一度の覚え書き。収穫期のPS4とPS VRの恩恵にあずかりつつ、間にちょこちょこインディーズを挟みつつ。

ゼノブレイド2黄金の国イーラ
 どちらも1周クリア。待望のゼノブレイド続編!というんで期待でかすぎたのかな……寒いギャグと一部の奇天烈なブレイドはちょっと疲れた。あと、自分がボーイ・ミーツ・ガールにすんなり乗れないお年頃でもあるのかもしれない。バトルは文句なく面白かったし、終盤の前作とのつながりで持ち直したので、何だかんだで100時間超プレイしたけど。
 イーラ編は寒さ&奇天烈度が控えめだったので救われた。"英雄"アデルの実像は面白かったし。ある意味、キャパ以上のものを背負い込んじゃった悲劇の人でもありましたね……。


星の欠片の物語、ひとかけら版
 自転車創業のゲームがコンシューマー機で!しかもVRという最先端技術で!どうしちゃったのどうなっちゃうの!と予約買い。今までとがらっと違う環境で若干不安があったんだけど、ふたを開けてみればやっぱり自転車創業でしたわ。決して目新しさや売れ線を狙っての選択ではなかった。感想こちら(途中からネタバレあり)。その後めでたくSteamでもリリースされたし、ここからひとかけらじゃない版をーぜひー。


Pode
 カービィさんとキュービィさんがたけのこ取りにダンジョンへ(違う) ビジュアルも音楽も好みだしというんで子どもとプレイ。静謐な雰囲気にわいわい協力プレイがかみ合わない感じが最初したけど、慣れれば気にならず。あと、やってるとたけのこの里が食べたくなる。


テイルズ オブ ベルセリア
 テイルズシリーズはPSでディスティニーとファンタジア(移植)、少し離れてDSでイノセンスなど。どういうわけかたまーに気になり、今作わりと評判がよかったので。

 私怨で世界を振り回すRPG。主人公もそうなら敵側もそう。同行者もそれぞれ個人的な目的の下に動いているだけで、世界救わなきゃ!とは誰一人思ってないのがすがすがしい(終盤ちょっと救世モードになってたけど)。そんな呉越同舟も、いつの間にか何となく仲間としてまとまっていくのが不自然ではなく。
 粗く感じたり、どうしてそうなる?な展開もあったけど、基本は主人公の復讐劇でブレないのでまあ許せちゃうというか。個人的な目的から壮大な目的に主人公を向かわせるための無理矢理な設定、お話こねくり回しに疲れてたのね私。

 ゼノブレイド2やった後だと、段差を飛び降りられないとかだだっ広いダンジョンをいちいち歩いて戻らなきゃいけないとか(所々ファストトラベルはできるんだけど)、ストレスではあった……マップで思わせぶりに出っ張っているところに行ってみて何もない、は今時ちょっといただけない。
 あと、力入れてるはずのイベント2D絵(ムービーもスキットも)より通常動かしてる3Dモデルの方が顔がよくできてる気がしたんだけど……自分の感覚が古いだけで、ああいう絵柄が今流行りというか受け入れられやすいのかなあ。


Will -素晴らしき世界-
 文章を入れ替えるというのが面白そうで。結果面白かった。感想こちら(ネタバレなし)


ルーンファクトリー4
 気になっていたところにセールで購入。ってこればっかだな。『牧場物語』で畑作業向いてないーって思ってたけど、『アストロノーカ』は宇宙一農夫までがんばったし、農業以外の要素もあればいけるのでは?と。そして農作業の傍らモンスターを狩る生活。料理とか鍛冶とか商業とか、えーとよく分かりません。それでも進められる懐の深さすごい。
 すごいんだけど……すみません、雰囲気が何か自分には合わなかった。ほのぼのというより天然というか。何より姫!うっかり女主人公を選んだら「姫」と呼ばれるようになったのがどうにも耐えられなかった……何で王女じゃないの……。


Detroit: Become Human
 クリア後の精神状態を他のプレイヤーの感想文読みあさって癒したのは初めて。そして自分を癒すための感想こちら(途中からネタバレあり)とかこちら(全ネタバレ)。ちょっとネットをほっつき歩けばネタバレに遭遇しまくる今日この頃、やるなら今すぐ。廉価版も出たし。


ASTRO BOT:RESCUE MISSION
 『PLAYROOM VR』でこれの原型やったときに、無理に「みんなでわいわい」しなくてもこれでええんちゃう?と思ってたので、よしよしと。何しろkawaiiし。

 自分は多少VR慣れしている方だと思うけど、それでも足下見下ろしてぽっかり空いていると一瞬そわっとしたり、アストロさん媚び媚びだなーと思いつつ、ちょっとステージの向こうよく見えなーいと覗きにいったときにそのアストロが目の前にいたりするとああかわいい。

 アクションど下手くそで、結局ワールド4の途中で詰まってそのままお休みしてるんだけど、普段この手のアクションゲームを全くやらない自分がここまで続いたのはすごい。空飛んだり海潜ったりカートでぶっ飛ばしたりがいちいち気持ちいい。月並みだけどよくできてる。


11-11 Memories Retold
 『Detroit』の後で、シナリオ分岐ブームが来てまして。いやほぼ分岐してないんだけど(エンディングは複数あり)。第一次世界大戦のさなか、戦場で心を通わせた敵同士の物語。戦争ものだけど自分が銃を持って戦うわけではない、絵画風のビジュアルなので戦場のグロさも控えめ、あたりも決め手になりプレイ。

 写真撮ったり機器操作したり、QTEやミニゲーム的なことをやりつつ進んでいくんだけど、一部物語とかみ合わない部分もあり、序盤はやや退屈。でも2人が出会ってからは一気に引き込まれていく。
 感情を煽ることなく、説教がましくもなく、戦場だけでなくそこから遠く離れた日常も淡々と綴られていくのがいい。そして、否応なくその戦争の一部として生きる2人の運命やいかに。


Firewatch
 『11-11』で英語音声日本語字幕に慣れたので。現実から逃げるように監視員として自然保護区にやってきた主人公に、やがて不可解な出来事が次々と起きる――。
 とミステリー仕立てではあるけど、それは二の次。こちらも訳ありな女性上司・デリラとのトランシーバー越しの会話が肝であり、特に中年以上のプレイヤーには響くという話だったんだけど……うーん、ぴんとこなかった。

 一つには、主人公がヘンリーという名前あり過去ありセリフもありのプレイヤーから独立した登場人物なのに、一人称視点なのがどうもちぐはぐで……普通に三人称視点の方が、そういう人物として感情移入できたような。
 あと、肝心のデリラとの会話。気持ちの通い合いとか心境の変化といったものが、残念ながら自分には感じられず。単に自分好みのキャラor話じゃないのか。3D酔い感あり&どこが通れるのか分かりにくく道に迷いやすいので、その道中に入ってくる会話を堪能できなかったというのもあるかも。


 ゼノブレ2後のSwitchは、もっぱら子どもらが使用。『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』『オクトパス トラベラー』を後ろから眺めておりました。タコはよい。


 スマホは2本を継続で。

ポケモンGO
 たまに家族で乱獲やレイドに繰り出したりしながら、ゆるふわ勢として細々と。やっとのことでミュウをゲットした後に、セレビィで再びカーブボールのエクセレントスローを要求されてキレそうになったけど、わたしはげんきです。(その後どうにか捕まえた)

ファイアーエムブレム ヒーローズ
 上の子に教えを請いながら、ゆるふわ勢として細々と。ぼちぼち新機能についていけなくなっているけど、わたしはげんきです。


 年越しは……子どものおつきあいも兼ねてスマブラかな。スピリッツがアホみたいに広範囲をカバーしていて震える。とりあえずゼノブレ勢と幻影異聞録勢を出したい。
 そして年末年始セールでちょこちょこ買ったものがあるので、年初はそこら辺から。FEとぶつ森のSwitch新作を待ちながら、『Detroit』2周目も気になりつつ。来年もデータに魂が宿る瞬間にいられますよう。よい年、よいプレイを。
posted by 築城 at 05:48| 日記

2017年12月31日

自分的ゲーム1年(2017)

 年に一度の覚え書き。世間の時流そのままにSwitchに席巻されつつ、他機種も豊作ほっくほくな1年だったかな。


GRAVITY DAZE 2
 発売延期を経て、満を持して登場! あほみたいにひろーいうわーいと飛び回っていたのですが、前作より操作複雑になってて途中で止まりました……いやむしろ初心者&アクション下手救済策だと思うんだけどね……。


人喰いの大鷲トリコ
 やっと着手。トリコさんかわいいーと愛でるシミュレーターになっているので、もふりたくなったら起動。という感じで未クリア。これやっぱVRでもふりたいよねえ……と思っていたら、後にVRでデモ版が。みんな思うよね! いや現状もふれないけど。そうだやらなきゃー。


ファイアーエムブレム ヒーローズ
 あの任天堂がガチャに手を出した!といろいろ言われたけど、人気スマホゲーの主流であるガチャ課金に乗っかってみるとどうなるのか、まあ一度身をもって運営してみる必要はあったのかなと思いつつ。

 私もガチャありのスマホゲーは初めてだったけど、今のところハマって課金する気配はなし。人気の絵師さん集めて少しずつキャラを描かせるのってスマホゲーでよくあるけど、個人的には1つの世界で絵がバラバラなのがどうにも乗れなくてな……あと水着や肌色そんなに尊いのかーとか。ソニーを救うぐらい尊かったらしいが。

 といいながらだらだら続けてますが。結果的に、FE大好き上の子とのコミュニケーション用にもなり。奴は上級者のプレイ動画とか参考にしつつ、上の難易度まできっちりクリアするの尊敬する。その熱意が勉強に全くいかないのはさておき。


Nintendo Switch
 子ども達は『スプラトゥーン2』、自分は『ゼノブレイド2』までやるものないしなあ、きっとスプラ2限定バージョンも出るだろうし……と思いつつ、嫌な予感もあって発売日のマイニンテンドーストアで購入。結果、一生分の勘のよさを使い果たした気分。「長期の品薄を見越して早めにSwitchを確保した母」として末代まで讃えられる。はず。

 そして、ベルトコンベアに載せられるままに『いっしょにチョキッと スニッパーズ(後にプラスも)』『マリオカート8デラックス』『ARMS』『スプラトゥーン2』『ファイアーエムブレム無双』『スーパーマリオ オデッセイ』『ゼノブレイド2』がうちにある。新ハード発売1年経たずにこれって、任天堂どうかしている。


ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王
 オリジナル版未プレイ。3すくみないー弓の射程最強ー魔女ピグル湧きすぎえぐいーと、いろいろ最近のシリーズ作と違うところに戸惑いつつ、昔ながらのRPG的お話で安心してプレイできた。「キャラ立て」と称して変な性格やしゃべり方するだけのキャラもいないし。

 あと、全体的に陰のある雰囲気。リザルト画面の曲って普通、勝利を祝うような高揚感のある曲が多いと思うんだけど、Echoesのは「今日も生き残れた……」みたいな、戦争の無常観みたいなものが感じられて何か好き。ビジュアル的にもちょっとくすんだトーンで合ってる。


ファイナルファンタジー15
 昨年からの持ち越し。後半の一本道突入からどんどん話がつらくなってフェードアウトしかけたんだけど、世間で不評の13章にてこ入れ(アップデート)入ったというので、そういえばその手前で止まっていたなあ……と再開。追加ルートの方でやり過ごす。

 でも相変わらず世界は真っ暗で滅びる寸前で、いるだけでつらい。これはまた投げちゃうかな……と思いきや、歩き出したら例によって4人組の会話が始まって――イベントじゃなくて、例の歩き回ってる時に何気なく出てくる会話。それ聞いたときに、ああいいなと思ったら突然やる気出てきて、結局そのまま進んで戦ってクリアしてた。AIでタイミングや話題など巧みに制御されているとはいえ、まだまだ「あらかじめ用意されたものを引っ張り出している」だけなのに、何だろうねこのぐっとくる感じ。未だに答えは出ない。

 そして振り返れば、FF15は最初の映画から何とも不思議なシリーズだったなあと。初期の情報(イケメン4人がスポーツカーで珍道中、帝都が都庁……etc)では「えーありえん」という感じなのに、いざ完成品を体験すると「……あれ、これアリかも?」と納得してしまう。スマホ版やVR釣りゲーは未プレイだけど、そっちもたぶんそんな感じなんだろうなと。ただただ不思議。これも未だに答は出ない。


はねろ!コイキング
 絵柄かわいいのでちょっとやってた。ダイヤたまったら速攻でモクローさん呼び寄せて愛でてた。歩いて移動するのかわいい。首を90度かしげるのかわいい。何してもかわいい。


ポケモンGOパーク&スタジアム
 末代まで讃えられる案件その2……と思ったらそうでもなかった。しくしく。
 夏休み長いしなーと何となく応募したら、スタジアム当選したのですよ。それならとパークも行ったら、まあすごかった。若い子は元より、いい年のご夫婦やおじさん・おばさん仲間がピカチュウの耳やしっぽつけて歩いてる光景。世界広いポケGOすごい。
 そして分不相応なミュウツーが来たのですが……アメ1個に20kmってハーフマラソンか!となりつつ連れ歩く日々。


ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
 今年の自分的MVPであり、一生もの認定の一作。終わった後もどっしり身のうちに居座り続けた塊を供養するための感想こちら(ネタバレあり)


V!勇者のくせになまいきだR
 VRコンテンツで初めて楽しいと思えた1作。毎日ヘッドセットかぶってたもの。軽い感想こちら(ネタバレなし)。こういう、ハラハラドキドキインパクトが売りではないVRコンテンツがもっと増えますように。そういう意味で『ねこあつめVR』の行く末に密かに注目。あと『JAPAN Studio VR音楽祭』はよかった。


OneShot
 プレイ前のネタバレ厳禁なので「ニコかわいい」があふれるネットセケン評。そしてやたらと絶賛されているのが気になってプレイ。クリア後に数日悩む羽目になる。そういう点でも唯一無二の体験だったかな。その記録こちら(ネタバレしかない)


どうぶつの森 ポケットキャンプ
 家族総出でプレイ開始。画面に「期間限定!」とかのバナーが出たり、どうぶつやら収穫済みの木やらに「あと○時間」と出たりするのが、まったりスローライフな感じを削ぐなあ……と思ったけどすぐ慣れた。おつかいゲーで自由度低いけど、自分みたいな「過去作で部屋やガーデニングやファッションに凝れなかった」プレイヤーには向いてるかも。いや、そういうの苦手なんすよ。じゃあ何でぶつ森やってた。

 どうぶつのご用聞きもだいぶやり尽くし、『ゼノブレイド2』も出たのでだいぶ引退気味。雑草抜けるアップデート来たら起こしてください。


 ……改めて並べると、今年ホントどうかしてたね。反動で来年はやるものなーいとかにならないといいなあ。
 また、子どもらのゲーム眺めているのも楽しい1年でした。自分じゃやらないものをプレイするし、ああこんなことも自力で理解できるようになったのか、といった目線でも。下はニンテンドーキッズ、上はコーエーの僕。


 そして年越しはゼノブレ2。ギャグの寒さに震えたりブレイドガチャにもやもやしたりしつつも、メインストーリーがそれを上回っている&やっとバトル楽しくなってきたので。「魂を分け与えられて生き返った主人公」の行く末どうなるんですかね。なかったことにされてないといいなあ。

 そんなこんなで、来年もデータに魂が宿る瞬間にいられますよう。よい年、よいプレイをー。
posted by 築城 at 06:57| 日記

2016年12月31日

自分的ゲーム1年(2016)

 毎年恒例、年末にだけ更新されるゲームの記録。今年を振り返ると、前半はホントそそられるタイトルがなくて枯渇してましたな……いや後述の『幻影異聞録#FE』に気づいていればそんなこともなかったんだけど。逆に後半はどかどか出まくりで、これ半分上半期にくれよという感じ。世の中うまくいかない。


幻影異聞録#FE (Wii U)
 ノーマークだったんだけど、「JRPG好きならやらなきゃ損」的な評価が複数流れてきて、気になっていたところにAmazonでセールがあったので購入。キラキラ系若者の現代劇って感じでうーんどうなんだろうとかなり悩んだんだけど、FEキャラ出てくるし。

 結果、大後悔。何でもっと早くやらなかったんだろうと。アクションヘタレな自分に久しぶりの非アクションRPG楽しすぎる……相性とか弱点とかゆっくり考えられる。といってもテンポが悪いわけではなく、快適に進む。
 そして、主人公のパートナーとして登場するクロムが暑い、いや熱い。「行くぞ!」「お前ならやれる!」等々、修造ばりに熱い声が飛んでくる。本家『覚醒』では微妙に影の薄い主人公だったので、ここで報われた感じ。
 何というか、コラボで相乗効果を狙ったら裏目な感じだったり、ハードがWii Uだったりで、本来ならもっと知られていい良作なのになあという(←発売後何ヶ月も経つまで気づかなかった奴)。ハード持ってたら今からでもぜひに。


ステラ グロウ (3DS)
 Nintendo eShopのセールで何かないかなーと見ていたら、シミュレーションRPGでわりと評判もよいので購入。面白かったんだけどね……時々闇落ちする少女たちを「調律」と称してなだめすかすのが生理的に合わなくて脱落。世間のレビューに時々出てくる「テンポの悪さ(敵の思考時間が長い)」は気にならなかったんだけどねえ……。


Pokémon GO (iOS/Android)
 昨年の発表から楽しみにしていたタイトル。家族総出で、外出時のプラスアルファでのんびりやっております。

 自分はポケモンをプレイしはじめたのはわりと最近なんだけど(ハートゴールドだから7年前?)、故郷を出てうろうろしつつ、道にいる人に話しかけ……ようとしたら「目と目が合ったらポケモン勝負!」とか言われてバトルに突入した衝撃は忘れられない。普通RPGでNPCといえば、とりあえず話しかけとけば情報やアイテムくれる友好的な存在じゃないですかー。それがまさか敵となって襲いかかってくるなんて。子どもたちが無邪気に遊んでいるポケモンの世界、実は結構バイオレンスと強く心に残ったのですよ。

 そのイカレた世界が現実になった! ジムの前で一生懸命スマホつついてる人とうっかり目を合わせちゃダメだ……勝負を挑まれて、手塩にかけた手持ちポケモンがボコボコにされる。――そんなことを心配する世界に自分たちが今生きているの、興奮以外の何物でもない。


The Tomorrow Children (PS4)
 古き良き社会主義国家!な世界観に惹かれて、クローズドベータから参加。ソ連をリアルタイムで知っている(といってもニュースで見聞きした範囲だけど)年寄りには、あの曲だけで変な笑いが出てくる感じで。あと、ネトゲだけど他プレイヤーとの関わりが薄いというのも個人的にポイント高し。コミュ障なのでな。

 そしてようやく正式リリース。建国者パックでしばらくやってたんだけど、時期が悪かった……年末の大作ラッシュで足が遠のいてしまい。限定的ながら他プレイヤーとのコミュニケーションもとれる方向になっていったのもちょっとあるかな。個々がそれぞれ好きに振る舞うだけでどんな街がつくられていくのか、その社会実験も見てみたかったような。


サバクのネズミ団! (3DS)
 ネズミかわええ〜で購入。面白いんだけど操作性で脱落。バインドがどうにも思ったように行かなかった……。


Neo ATLAS 1469 (PS Vita)
 シリーズの名前ぐらいしか知らなかったんだけど、変な地図が作れて変なイベントが起きまくるらしいというので購入。

 提督を派遣して「こんなん発見しました〜」の報告を信じればそのような地図ができ、信じなければ白紙に戻る。それを繰り返して、南北アメリカをきっちり分断して貿易しやすい地図にするのは基本らしい。その気になれば世界の果てを滝にもできる。
 そして地図を拡大してよく見てみれば、海には巨大タコやら巨大カメやらが泳いでいる。ジパングは黄金の国でショーグンとサムライがいる。『ムー』でおなじみ古代文明も余裕で存在。そんな世界。

 惜しむらくはレスポンスの悪さだねえ……メニューに入るのも一拍待たされる感じ。スマホで出せればと思うんだけど。


イースVIII -Lacrimosa of DANA- (PS Vita)
 セール中にわりといい評価が目に付いて、レビューの中に『ゼノブレイド』を併記するものがあったので購入。

 無人島からの脱出を目指して、モンスターを倒し、資源を集め、島を探索していく。剣でざくざく斬って進んでいく感覚が気持ちいい! 全体的に丁寧な、手堅い作りという感想。


FINAL FANTASY XV (PS4)
 プレイしたのは4〜10で、その後は気になりつつスルーというFF歴。今回もちらちらと目の端で情報は追ってたんだけど、「ホスト4人組が空飛ぶ車で珍道中」のインパクトが強すぎて、今回もスルーかなと思っていたのですよ。

 それが変わったのが映画版。CGすんごいらしいから話の種に見てみるかーと見に行ってやられた。実写と勘違いしそうなリアルさで描かれていくフィクション――剣と魔法と車とスマホが同居する世界とか、王国のお城がどう見ても都庁とか、正直それまでは「どうしてこうなった」という感想しかなかったんだけど、それらを圧倒的なパワーで「アリかも」に描き換えていく。いやすごいなと。

 とはいえホスト4人組……と思いながらゲーム体験版。イベント等無関係に不意に交わされる会話がまあ豊富なこと。少しプレイを続けていれば繰り返しも増えていくんだけど、例えば雨が降ってきたときに「上着を着ろ」と言われ、釣った魚で料理した後に「あの魚うまかった」と言われ――置かれた状況や直近の経験に沿った内容というだけで、結構おおうとなるもんですよ。VRもそうだけど、人は時に笑っちゃうぐらいちょろい。
 昼に活動し夜はキャンプなりモーテルなりで就寝するという1日のリズム。カーステから過去のFF曲が流れてくる。チョコボに乗り降りする度に優しく声をかける。――こういった、「敵を倒して強くなって先に進む」とは関係ない部分につっこまれた膨大な手間暇、にやられたのかな。第一印象からどうしてこうも楽しめるようになっちゃったのか未だにわからんのですが、こういうときには「手触りがよい」という言葉を使うといいらしいです、はい。

 後半で一本道になるというので、3章でクエストばっかりやりつつチョコボ愛でて足踏みしている今日この頃。クリアまで行くとまた違った感想が出てくるのかも。


 そしてハードですが。

PlayStation VR
 思えば去年、『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム』展でOculus Riftを体験したのが始まり。1分にも満たない、仮想の部屋の中を見渡すと何かが動いたりメッセージが出たりするだけの内容だったけど、あまりの違和感のなさに、あーこれ目の前にイケメンor美少女がいたら帰ってこられないわーと本気で思った。そして内田美奈子『BOOM TOWN』の世界が夢でなくなるかも、とも。

 さらに今年の『GAME ON』展でPS VRを体験し、この値段でこのクオリティなら行くしか!というんで買っちゃったんだよねえ……現状、無料or体験版をいくつか試したきりなんだけど。来年は非ゲームコンテンツが充実するといいなあ。引きこもりながら世界中に出かけられる未来はよ。あとPCにつながせてー。(なら最初からRiftなりViveなり買えという話だけど、PC含めお値段ががが)


 そんな感じで、PS4本格稼働 & Vita再稼働 & ポケGoとVRで未来クルー?な1年。年越しは全然進んでないFF15……は子どもらがスクリーン占拠しているので、VitaでNeo Atlasの続きかな。5分の隙間時間でもすぐプレイできて、電源ボタン1つでぶちっと中断できる携帯機いいね!

 そして『人喰いの大鷲トリコ』はいつやれるんでせう……年明けには『Gravity Daze2』来てまうよ。あと『ペルソナ5』も地味に気になっててな……やるものなくてもてあましていた今年前半からどうしてこうなった。と懊悩しつつよいお年を。
posted by 築城 at 06:18| 日記