2021年01月21日

ペルソナ5雑感 コーヒーを淹れる者(ネタバレあり?)

P5 - ペルソナ5 - 公式サイト
一応貼っとく公式。

 普段はもっぱら剣と魔法のファンタジー世界に生息しているので、現代日本で現役高校生がまぶしく青春してる方がむしろ異世界。ビジュアルも音楽も自分の好みと接点ないな……と思いつつも、評判のよさに気にはなりつつ4年経過。ひょんなことでPS5を手に入れたら、PS Plus Collectionでプレイできちゃうというではないですか。ちょうどやりたいゲームがなかった時期でもあり、手を出すに至る。

 と、わりと後ろ向きなところからスタートしたのに、気づけば先が気になり手が止まらず一気にクリア。久しぶりのなりふりかまわず夢中になる体験。評価高いのも頷ける。
 紹介やレビューはネットにあふれているので、ここでは個人的な体験を書き残し。ネタバレはほぼない……と思うけど、1カ所だけ印象に残ったセリフを引用するところがあるので(さもない一言で本編やイベントの内容が分かるものではない)、気になる人は回れ右で。









 ゲーム中の「コーヒーを淹れる」という行為。ゲーム的には回復アイテム作成という役割があるけど、自分コーヒー好きだから、役割関係なく夜になるとコーヒー淹れまくってたのですよ。コーヒーいいよねコーヒー。味音痴だし普段はコーヒーメーカー使ってるけど、たまにハンドドリップで淹れると、少しずつお湯を注いでいい香りがして……閑話休題。
 これ、たとえば架空の世界で何か飲み物を作る、とかだと、ここまでやらなかったと思う。自分の実体験と地続きだからこそか、と。

 今まで現代物に気乗りがしなかったのは、「超常的な力を振るって敵と戦う」ことに現代が重なると、そりゃないわーって部分がより際立ってノれなくなるんじゃないかと思ってたからなんですわ。ファンタジー世界なら、大剣ぶん回そうが魔法でなぎ払おうが「そういう世界だから」で済むところが、そうじゃなくなるんじゃないかと。
 ……やってみたら意外と気になりませんでしたマル。戦う場は異世界ってことになっていたからなのか。何だったんだ今までの忌避感は。

※というか、その前に『幻影異聞録♯FE』やってたんですけどね……FE成分で現代物という認識が薄かったと思われる。

 それよりはむしろ、現代物には実体験と地続きのメリットがあるんだなあと。コーヒーだけじゃない、授業(パラメータ上げ)をサボって内職(アイテム作成)、バイト(お金稼ぎ・パラメータ上げ)、遊びに行く(パラメータ・好感度上げ)……自分の高校時代はこんなにキラキラしてなかったけど、心当たりが全くないわけではなく。そんな記憶と重なり、ゲームの都合とか気にならなくなる。


 コーヒーの話に戻ると、コーヒーを介して描かれるマスターとの交流もいいもので。毎度ほぼ同じやりとりだけど、そこで好感度が上がれば彼の抱えるストーリーが動き出す……だけでなく、そこから得られるゲーム的メリットもまたあり、バトルや他のイベントに影響していく。それが十数人分用意されているって、ぶっちゃけおかしい。(褒め言葉)

 こういう「この要素があっちに影響する」がそこかしこに、地雷のように仕込まれている。本を読むとパラメータ上昇だけでなく行ける範囲が増えることがある。行った先で新たなミニゲームが解放されて、アイテムがもらえたりパラメータが上がったりする。上がったパラメータで解放されるイベントがあり、そこでまた得られる何かがある――1対1ではなく、AがBとCに、そこからまたAに還元されたりDにも影響していくような複雑な絡み合い。――いつの日か、日常の何気ない出来事が忘れた頃に意外な結果をもたらすような現実を再現できるだろうか。と一瞬夢想しつつ。

 ゲーム的都合やお約束に、こうした現実の営みや仲間たちのストーリーを重ねていく。それらが絡み合うけど決してこんがらがったりしないのがすごい。そしてそれらが怪盗団の戦いという大きなうねりに自然となっていくのも。


 しつこくコーヒーの話に戻ると、そうやってコーヒーを淹れまくった結果……ではないだろうけど、とあるイベントで「コーヒー淹れるよ」ってセリフが選択肢に出た時にはしびれたね。ただ主人公のセリフとして流れるんじゃないんだよ、選択できるんだよ?
 そんな1年を送った結果、パラメータは思うように上がらず、仲間とのコープも大半が途中でクリアを迎えてしまった1周目。これは2周目やるしかないでしょ、どうせなら5Rで!と買ってあるんだけど……転生しても相変わらずコーヒーを淹れている予感がしている。その前に5Sクリアだー。


※関係ないけど、その5Sでは主人公が立派にリーダー兼賄いに成長していて満足。メンバーの福利厚生大事。

posted by 築城 at 15:10| 雑感