2018年09月19日

Detroit: Become Human 1周目クリア後感想(途中からネタバレあり)

Detroit: Become Human オフィシャルサイト

 発売から少し経ってるんだけど、1周目クリアしたので感想、というか思いの丈を吐き出しタイム。途中まではネタバレなし、その後ネタバレ全開に移行(事前に予告あり)するので、未プレイの方お気をつけて。

■首根っこつかまれ、物語のただ中へ
 プレイ前の状態は
  • アンドロイドが自我に目覚めるというテーマは好み、超好み
  • 洋ゲーのフォトリアルな絵はちょっと苦手かも
  • 開発元の過去作は未プレイ、没入感とかで評価高いのは聞いたことある
というもの。まずは体験版をプレイし、
  • すごいこの絵でムービーじゃなくてプレイアブルなの?
  • あー何でもいちいち操作させるってこれかあ(正直ぴんとこない、どちらかというと面倒)
  • 360度動かせない操作はちょっと戸惑う(慣れかな)
  • 現場の手がかり探し面白い(犯行当時の状況再現とかサイバー感ある)
  • 手がかり見つけると手札が増えて、その後の展開も増えるのはオーソドックス
という感想。ただ、冒頭1エピソードの本格的に話が動き出す前なので、一番気になっていた「アンドロイドが自我に目覚める」部分は残念ながら判断できず……保留のまま発売日を迎える。

 そうこうしているうちに、プレイした人からの感想がぼちぼち上がってきて、「1周目は情報を入れずに、失敗したと思ってもやり直さずに」の声が複数。今の時代、情報を全く入れないままで長期間持ちこたえらるとは思えない。相変わらず気になっている「アンドロイドが自我に目覚める」テーマ。やっぱりやるしかないのか。

 そしてプレイ。まどろっこしいと思っていた各種操作や360度動かせない視点はいつの間にか気にならなくなり、次々とつきつけられる選択をひーこら言いながら選んでいき――気づけば引きずり込まれていた。
 アドベンチャーというと、全体を俯瞰してこっち選んだらどうなるかなーと醒めた目線で考える部分があると思うんだけど、それを許さない。画面から手が伸びてきて「高みの見物してないでこっち来いや」と首根っこつかまれて引きずり込まれる。そのまま物語のただ中に放り込まれ、選択をつきつけられ、その結果にいちいち揺さぶられる。没入感言われてたのはこれかと。

 3人の行く末をそれぞれ見届けて、しばらく普通の状態じゃなかった。比較的「ああよかったね」と言われるような最後だったと思うけど、そんなの関係なく頭も心もぐちゃぐちゃ、鉛が詰め込まれているようで、他の体験者に聞いてもらわないとダメだこれ!とまで。コミュ障ゆえ、ふだん人と趣味のことで語り合いたいとはあんまり思わないこの自分が。
 結局、ネタバレ覚悟でネットの感想やら何やら読みまくってどうにか落ち着いた。人の感想は楽しみだけでなく精神安定にもなるという知見を得た。閑話休題。

 そんな感じで、ネタバレなしの感想は「引きずり込まれ、揺さぶられる体験ハンパない」。ハラハラドキドキはふだんあまり好きではなく、グロ表現も多くて事前に知ってたら敬遠したかもってぐらいだけど、終わってみれば、これをスルーしないでよかった。やってよかった。

 で、肝心の物語の方は、もちろんネタバレなので未プレイだったらここでストップ。もしプレイするなら、先人たちと同じことを言う。「1周目は情報を入れずに、失敗したと思ってもやり直さずに」。


!ここから先ネタバレ全開!
posted by 築城 at 04:35| 感想