2018年02月14日

星の欠片の物語、ひとかけら版 感想(一部ネタバレあり)

『星の欠片の物語、ひとかけら版』

 知る人ぞ知る?自転車創業待望の新作。自分は過去作だいたいプレイ済みで、今回まさかのコンシューマー機参入!と一報聞いてまず驚いたんだけど、細かい情報が出てくるにつれて、ああ必然だなと。PS VRを選んでくれてありがとう!(PC方面だったらちょっと手が出なかった……)

 「全てはVRの為の設定とシナリオとゲームデザイン」は伊達ではなく、一ヶ所に座ったままで探索するためのデザインや、プレイヤー一人ではなく女の子がいる意味といったものをちゃんと用意している。いや別に意味なくても女の子かわいいし!から入っても全然いいと思うけど。そっち方面のサービスはほとんどないことは言っておく。タイムリーにのじゃロリ娘なのはたぶん偶然。

 不思議アイテムや仕掛けの数々は、過去作プレイヤーにはおなじみだけど、そうでないとちょっと「?」かもとは思う。あと設定も一部鼻白むかもしれないぐらいの濃さ&徹底ぶりなので、人によって好みの分かれるところはあるかも。

 VR酔いしにくいのは確か。何しろコントローラーすら使わず、ひたすら目に見える物体や風景眼下に広がる風景を見回して、謎解きの手がかりを探しまくるというつくりなので。ただ、長時間あちこち見回していると首が筋肉痛になったり……自分はした。あれかぶってると時間が分からないからね……謎解きがノってきた時など要注意。

 謎解きの難易度は所々高いので、「女の子のセリフはヒントの塊」「見えないけれど、あるんだよ(視覚以外にも注意!)」あたりで。このくらいならセーフかな。

 「ひとかけら版」といっても体験版+αみたいなものではなく、ちゃんと一篇のゲームとして相応の密度あり。というか、「ひとかけら」って絶対誤解を招いていると思うんだけど、ゲームのボリュームのことじゃないんだよね……ここら辺も含めて、気になったら自らお手にとってみて。そしてひとかけら「じゃない」版を。


 この後はプレイしての雑感。一部ネタバレありなので、クリア後推奨。


続きを読む
posted by 築城 at 11:20| 感想