2016年12月31日

自分的ゲーム1年(2016)

 毎年恒例、年末にだけ更新されるゲームの記録。今年を振り返ると、前半はホントそそられるタイトルがなくて枯渇してましたな……いや後述の『幻影異聞録#FE』に気づいていればそんなこともなかったんだけど。逆に後半はどかどか出まくりで、これ半分上半期にくれよという感じ。世の中うまくいかない。


幻影異聞録#FE (Wii U)
 ノーマークだったんだけど、「JRPG好きならやらなきゃ損」的な評価が複数流れてきて、気になっていたところにAmazonでセールがあったので購入。キラキラ系若者の現代劇って感じでうーんどうなんだろうとかなり悩んだんだけど、FEキャラ出てくるし。

 結果、大後悔。何でもっと早くやらなかったんだろうと。アクションヘタレな自分に久しぶりの非アクションRPG楽しすぎる……相性とか弱点とかゆっくり考えられる。といってもテンポが悪いわけではなく、快適に進む。
 そして、主人公のパートナーとして登場するクロムが暑い、いや熱い。「行くぞ!」「お前ならやれる!」等々、修造ばりに熱い声が飛んでくる。本家『覚醒』では微妙に影の薄い主人公だったので、ここで報われた感じ。
 何というか、コラボで相乗効果を狙ったら裏目な感じだったり、ハードがWii Uだったりで、本来ならもっと知られていい良作なのになあという(←発売後何ヶ月も経つまで気づかなかった奴)。ハード持ってたら今からでもぜひに。


ステラ グロウ (3DS)
 Nintendo eShopのセールで何かないかなーと見ていたら、シミュレーションRPGでわりと評判もよいので購入。面白かったんだけどね……時々闇落ちする少女たちを「調律」と称してなだめすかすのが生理的に合わなくて脱落。世間のレビューに時々出てくる「テンポの悪さ(敵の思考時間が長い)」は気にならなかったんだけどねえ……。


Pokémon GO (iOS/Android)
 昨年の発表から楽しみにしていたタイトル。家族総出で、外出時のプラスアルファでのんびりやっております。

 自分はポケモンをプレイしはじめたのはわりと最近なんだけど(ハートゴールドだから7年前?)、故郷を出てうろうろしつつ、道にいる人に話しかけ……ようとしたら「目と目が合ったらポケモン勝負!」とか言われてバトルに突入した衝撃は忘れられない。普通RPGでNPCといえば、とりあえず話しかけとけば情報やアイテムくれる友好的な存在じゃないですかー。それがまさか敵となって襲いかかってくるなんて。子どもたちが無邪気に遊んでいるポケモンの世界、実は結構バイオレンスと強く心に残ったのですよ。

 そのイカレた世界が現実になった! ジムの前で一生懸命スマホつついてる人とうっかり目を合わせちゃダメだ……勝負を挑まれて、手塩にかけた手持ちポケモンがボコボコにされる。――そんなことを心配する世界に自分たちが今生きているの、興奮以外の何物でもない。


The Tomorrow Children (PS4)
 古き良き社会主義国家!な世界観に惹かれて、クローズドベータから参加。ソ連をリアルタイムで知っている(といってもニュースで見聞きした範囲だけど)年寄りには、あの曲だけで変な笑いが出てくる感じで。あと、ネトゲだけど他プレイヤーとの関わりが薄いというのも個人的にポイント高し。コミュ障なのでな。

 そしてようやく正式リリース。建国者パックでしばらくやってたんだけど、時期が悪かった……年末の大作ラッシュで足が遠のいてしまい。限定的ながら他プレイヤーとのコミュニケーションもとれる方向になっていったのもちょっとあるかな。個々がそれぞれ好きに振る舞うだけでどんな街がつくられていくのか、その社会実験も見てみたかったような。


サバクのネズミ団! (3DS)
 ネズミかわええ〜で購入。面白いんだけど操作性で脱落。バインドがどうにも思ったように行かなかった……。


Neo ATLAS 1469 (PS Vita)
 シリーズの名前ぐらいしか知らなかったんだけど、変な地図が作れて変なイベントが起きまくるらしいというので購入。

 提督を派遣して「こんなん発見しました〜」の報告を信じればそのような地図ができ、信じなければ白紙に戻る。それを繰り返して、南北アメリカをきっちり分断して貿易しやすい地図にするのは基本らしい。その気になれば世界の果てを滝にもできる。
 そして地図を拡大してよく見てみれば、海には巨大タコやら巨大カメやらが泳いでいる。ジパングは黄金の国でショーグンとサムライがいる。『ムー』でおなじみ古代文明も余裕で存在。そんな世界。

 惜しむらくはレスポンスの悪さだねえ……メニューに入るのも一拍待たされる感じ。スマホで出せればと思うんだけど。


イースVIII -Lacrimosa of DANA- (PS Vita)
 セール中にわりといい評価が目に付いて、レビューの中に『ゼノブレイド』を併記するものがあったので購入。

 無人島からの脱出を目指して、モンスターを倒し、資源を集め、島を探索していく。剣でざくざく斬って進んでいく感覚が気持ちいい! 全体的に丁寧な、手堅い作りという感想。


FINAL FANTASY XV (PS4)
 プレイしたのは4〜10で、その後は気になりつつスルーというFF歴。今回もちらちらと目の端で情報は追ってたんだけど、「ホスト4人組が空飛ぶ車で珍道中」のインパクトが強すぎて、今回もスルーかなと思っていたのですよ。

 それが変わったのが映画版。CGすんごいらしいから話の種に見てみるかーと見に行ってやられた。実写と勘違いしそうなリアルさで描かれていくフィクション――剣と魔法と車とスマホが同居する世界とか、王国のお城がどう見ても都庁とか、正直それまでは「どうしてこうなった」という感想しかなかったんだけど、それらを圧倒的なパワーで「アリかも」に描き換えていく。いやすごいなと。

 とはいえホスト4人組……と思いながらゲーム体験版。イベント等無関係に不意に交わされる会話がまあ豊富なこと。少しプレイを続けていれば繰り返しも増えていくんだけど、例えば雨が降ってきたときに「上着を着ろ」と言われ、釣った魚で料理した後に「あの魚うまかった」と言われ――置かれた状況や直近の経験に沿った内容というだけで、結構おおうとなるもんですよ。VRもそうだけど、人は時に笑っちゃうぐらいちょろい。
 昼に活動し夜はキャンプなりモーテルなりで就寝するという1日のリズム。カーステから過去のFF曲が流れてくる。チョコボに乗り降りする度に優しく声をかける。――こういった、「敵を倒して強くなって先に進む」とは関係ない部分につっこまれた膨大な手間暇、にやられたのかな。第一印象からどうしてこうも楽しめるようになっちゃったのか未だにわからんのですが、こういうときには「手触りがよい」という言葉を使うといいらしいです、はい。

 後半で一本道になるというので、3章でクエストばっかりやりつつチョコボ愛でて足踏みしている今日この頃。クリアまで行くとまた違った感想が出てくるのかも。


 そしてハードですが。

PlayStation VR
 思えば去年、『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム』展でOculus Riftを体験したのが始まり。1分にも満たない、仮想の部屋の中を見渡すと何かが動いたりメッセージが出たりするだけの内容だったけど、あまりの違和感のなさに、あーこれ目の前にイケメンor美少女がいたら帰ってこられないわーと本気で思った。そして内田美奈子『BOOM TOWN』の世界が夢でなくなるかも、とも。

 さらに今年の『GAME ON』展でPS VRを体験し、この値段でこのクオリティなら行くしか!というんで買っちゃったんだよねえ……現状、無料or体験版をいくつか試したきりなんだけど。来年は非ゲームコンテンツが充実するといいなあ。引きこもりながら世界中に出かけられる未来はよ。あとPCにつながせてー。(なら最初からRiftなりViveなり買えという話だけど、PC含めお値段ががが)


 そんな感じで、PS4本格稼働 & Vita再稼働 & ポケGoとVRで未来クルー?な1年。年越しは全然進んでないFF15……は子どもらがスクリーン占拠しているので、VitaでNeo Atlasの続きかな。5分の隙間時間でもすぐプレイできて、電源ボタン1つでぶちっと中断できる携帯機いいね!

 そして『人喰いの大鷲トリコ』はいつやれるんでせう……年明けには『Gravity Daze2』来てまうよ。あと『ペルソナ5』も地味に気になっててな……やるものなくてもてあましていた今年前半からどうしてこうなった。と懊悩しつつよいお年を。
posted by 築城 at 06:18| 日記